やる気ありません

やる気無し子さんの日常

自転車と服装のメモ的なものと、長瀞方面へのメモ

4月上旬

 

暖かくなったとばかり思って長袖インナーに半袖ジャージで突っ込んでみたところ、まぁ寒いこと

正午前後は暖かくなって半袖でもいい感じだけれど、それ以外の時間帯ではちょっときついかなあといった感じ

春秋なジャージがあるならそれに越したことはないけれど、何かしら上に着るものを用意して突っ込むのがいいのかな

 

4月中旬

 

晴れたので荒川走ったけど見事に日焼け

もうこのあたりからは日焼け止めを塗った方がよさそう

服装に関しては上記に比べたら温かい時間帯が多いものの、境界線上な感じ

日焼け対策も兼ねて、長袖のジャージが安牌なのかしらん

 

長瀞

カヌーは面白いのかなと某ショップにGo

埼玉県庁から荒川北上の熊谷から81号→82号(途中140号)というルート

 

端的に言うと、運動としては悪くないのだけど精神的には全くもってつまらないルートだった

車道はあるけれど自転車が走るだけのスペースはギリギリで、ほとんど歩道を走ることに

建前上は徐行しなければならないわけだけど、歩行者が「皆無」なのでスピードが出てしまった

このジレンマも精神的にはきついし、車道出たら出たでトラックやらダンプやらへの対応でストレスたまるしで、「楽しい」ルートとは程遠いものだった

 

というかここ、業務車両のためにも歩道減らして車道増やす方がいいんじゃないのかなあ

自転車関係なしに大型車両がすれ違うとギリギリだし・・・

歩道が車道と同じだけの幅を用意されているけれど、歩行者が「皆無」なんだから、歩道なんて不要なんじゃないのかなあと

んまあ、要は過疎化が進んでるエリアってことなんだろうけども・・・

 

このあたりのジレンマやストレスが無いのなら、県庁~長瀞というルートは有りっちゃありなのかなーと思った

 

 

 

日焼け対策は大事

 

読書感想文 夜のとばりシリーズ

そもそも何故これを手に取ったのか、記憶が定かではないが少なくとも昨年下半期においては久々に当たりくじを引いたとは思っている。

 

どうせ百合エロとか吸血鬼エロ探してたんだと思う、全裸で。

なお少女セクトは至高である。

 

良いと思ったところ

 

・2つの時間の流れを章を変えるあたり

時間の流れが2つになるところ、一つの塊に詰め込むのではなく章を変えて頭の文章を全く同じにしてるところ。

文章技法的になにか名前があるのかはわからないけれど、この表現の仕方はとても面白かったし読みやすかった。

 

・登場人物の順位みたいなのがわかりやすい点

主人公が脇役に食われたり、脇役が大量に出てきて誰が何やらになったりというようなことがなかった。

主人公が出てこない局面でも、その局面での主人公は誰で絡むのは誰でというのが明確になっていて、ごちゃごちゃになるということがなかった。

 

う~んと思ったところ

 

・吸血鬼という属性を活かしきれてない

従属関係や特殊能力の裏付けとして説得力を持たせるというのはわかるけれど、その説得力の説得力としてはいまいちだったかなあと。

エイリアンに寄生されてたとか先祖代々特殊能力があったとかでもよかったのかもしれない。

そうなるともう平井和正とか菊地秀行とかになるけどw

 

・非エロ、エロ、エロティシズム、エロス、どの次元だったのか

 

具体的な“行為”は描かれているわけで、果たしてそれを描く必要性はどこまであったのか、そこまで描くのならばもう少し掘り下げてもよかったのではないのか。

エロではなくエロティシズム、官能性に走ることもできたのではないのか。

ややそのあたりの決断と言うか性的表現に関してどうしたいのかが曖昧だった。

ただ描かないことで読み手に妄想させ補完させる、これも有りっちゃ有りなので良い点でもあるのだけれど。

 

 

・総括

基本的にはきちんとした丁寧な文章で読みやすく、ボリュームもあるし、ぶっちゃけた表現で言うなら「金出しただけのことはあった」。

2巻と3巻の間ではどこに行きたいんだ著者は?って感じもあったけれど、きれいに着陸した感じ。

番外編に関しては悪くはないけど蛇足感はある、というかどっちかっていうと足じゃなくてxxxが。

この人の文章ならどんなものでも安心して読めるので注目しておいて損はないかなーと思いました。

 

・結論

かなみ「私より中谷さんのが登場回数多くないですか?」

中谷「回数が多ければいいってもんじゃないですよ」

かなみ「濃さでも上回ってますよね?」

中谷「」

 

走り納め(予定)と家庭園芸(の予定)

とりあえずあと1回はいつものコースをまったりと

年明けには川越あたりを使って埼玉中央部一周100kmくらいのコースを開発したいところ

 

園芸の計画

その1

・2リットルペットボトルを使ってコンポスト作る

・あくまで実験なので某スーパーで一番安いお茶っ葉を買ってきてぶち込む

・作ったコンポストプランターの上にぶっ刺す

・発酵熱がどの程度出るか、それを利用しての温室が可能か、実験

 

その2

・余った小さい水槽きれいにして室内で水耕栽培ができるか

・とりあえず発芽までさせてそのあたりで尼で水耕ハイポ買ってどうなるか

・種はとりあえず小松菜

・水槽の中にペットボトル逆さまにした水耕装置で

 

めもめもっと・・・

 

ロードバイク現在の様子

f:id:yaruki745:20160831155503j:plain

タイヤ
コンチネンタルのなんたら400って頑丈なやつ
前バッグはモンベル
サドルのボトルケージはプロファイルデザインの

サドル5ミリほど上げるか悩み中

ロードバイク買ったった

コーダブルームのFalna700-105の2015年モデル

Farna 700-105|Farna|自転車|コーダーブルーム

↑は2016年版

 

 

個々に至るまでの変遷

 

まずこれFalna700-105に始まり

予算増やせるのでカーボンもありやねってことで

TREKのエモンダs5

・コーダブルームの5800S

Panasonicのクロモリ

・Anchorのカーボン

・ラレー

あたりが候補に。

しかしサイズが無いだのカラーがどうだのなんだのの間に引っ越し2回に結婚式ラッシュで出費がどうたらこうたら。

自転車用に別にためていた貯蓄も使わざるを得なく9月頃購入の予定に。

しかし自転車業界は9月頃まさに入れ替わりでモノは無いわ情報は無いわで・・・と、どうしようか迷っていたところ、コーダブルームのブログみたらその写真に2015年らしき影が・・・

cycleshophodaka.hatenablog.jp

 

ということでこれはもしやと思い、5800Sのサイズの詳細を聞くついででと突撃してみたところ、まさかのラスト1台それもまさかまさかのサイズ適合。

 

これはもう買うしか無いということで、取り置き頼みつつ3日後には購入そして納車へ。

 

というわけでこんな全体図

 

f:id:yaruki745:20160530190846j:plain

 

お店のある越谷から自宅まで、途中寄り道しながら2時間ほど乗ってみた。

アルミは硬いといわれているので覚悟はしていたけれど、思ったほどでもなく。

 

始めてクロスバイクの乗った時は「コレは進む、すごい!」と思ったけれど、ロードはクロスバイクを経験した上でも同じことを思うくらい進む。

重さは装備込み9kgなのでロードバイクとしては重い方だろうなあ。

 

とりあえず今度の休みに100kmほど突っ走ってみる予定。

 

この冬買ってよかったもの ~服~

自転車乗るようになったので、汗冷えしないインナーを購入

それが思いの外よかったのでそのシリーズでいくつか揃えてみた

モンベルのジオラインシリーズだけれども

 

・薄手

温かくなるというよりは寒くなくなる感じ

朝起きたらこれに着替えるだけで1枚でも平気になる

 

・中厚手

薄手に比べると明確に暖かくなる感じ

XSが無かったのでSにしたためフィット感が若干緩めだけれども、十分に暖かい

Yシャツの下に着てもゴワゴワしないのでリーマンにお勧め

 

・厚手の腹巻き

腹どころか腰から胸まで覆える

厚手インナーはガチ高山向けなので着て5分歩くだけで汗が出るくらいの保温力がある

実際この腹巻きするだけで巻いた部分だけ別次元になる、それくらいにすごい

汗ばんだりしたらクルっと回してしまえばいいし脱ごうと思えばさっと外せるから便利

服を脱いだり脱いだ服をどうするかとかとか考えないでいいのは大きい

流石に人前ではって人もトイレで3秒でok

 

ということで一番費用対効果大きかったのは腹巻き

確か3000円しなかったかな

直に肌に触れないし温度調整し易いので冬場1枚あると便利だと思う

 

薄手は梅雨くらいまで活躍できそう

なにより暑くならない寒くならないという便利な性質なので中途半端な季節でも常に体感温度を一定にしてくれるのはいいかもしれない

 

中厚手はユニクロヒートテック厚手と微妙に悩むところ

汗や肌触り、薄さはこっちのが上

単純に保温力と値段で比較するならユニクロだけれども・・・